評 論
デイドリーミング
ハーツフェルト『なにもかも大丈夫』トリロジー

(土居伸彰)
アニメーション基礎美学
(デイヴィッド・オライリー)
二重のアニマ
アレクサンドル・ペトロフ『春のめざめ』
(松尾奈帆子)
至極当り前
相原信洋氏と行くコズミック・ジャーニー
(土居伸彰)
揺らめき、震える世界
山村浩二『カフカ 田舎医者』
(土居伸彰)
ペトロフは成熟した
(土居伸彰)
ライアン・ラーキン追悼
(土居伸彰)
ライアン・ラーキン、創造と現実
(山村浩二)
ライアン・ラーキン、
幻想の依存的誘惑に囚われて
(クリス・ロビンソン)
イゴール・コヴァリョフであること
(クリス・ロビンソン)
死の消滅・生の明滅――『キリクと魔女』と『ゆきちゃん』
(土居伸彰)