CAF 2007
  < 1 2 3 4 >



 今日はICAF三日目です。シンポジウムがあるせいか、午前中のプログラムから盛況でした。とはいえ、僕自身は用事がうまいこと終わらず途中からしか見れませんでした。生活があるのですいません。

○Eプログラム(創形美術大学・京都造形芸術大学)
 Eプログラムは"路上の王国"(河野宏樹)から見ました。アップに耐えうる人形の造形は素晴らしいですね。もうちょっと質感を重視してくれると良いのかなと思いました。とりあえず、音が映像に負けている。フィルムで撮ったらもっとよかったのでは?と思わされる部分も。ラストのメタ次元になった瞬間に画面から緊張感が消えてしまったのも残念です。

○Fプログラム(女子美術大学・東京工芸大学)
 Fプログラムについては個々の作品に何らかの感慨を抱くというよりも、全体的な傾向として気になってしまうことについて反芻することが多かったです。それについては別の機会に。"おはなしの花"(久保亜美香、久保精太)は非常にウェルメイドな作品。メディア芸術祭でご覧になった方も多いでしょう。あまりに出来が良すぎて身構えてしまう感じ。
 "ウシニチ"(一瀬皓コ)は本日一番の当たり。迷いがない単純な描線を引けるというだけですばらしい。最小限で最大限の効果。いくつものエピソードが少しずつ進展していって、一番謎だったエピソードが最後に決着するというかなりの構成力。キャラクターも良い弾力を持っています。音の処理が弱い作品が多いなかで、そこにもきちんと配慮しています。今後の作品も是非みてみたいと強く思いました。

○シンポジウム
 シンポジウムは立ち見が出るほどの盛況でした。質問の中心となったのは学生時代の過ごし方と最近の学生作品についての感想。三人に共通する見識だったと言えるのは、最近の学生作品には内的な熟成が不足しているということでしょうか。
 パソコンでの制作が主流になったがゆえに、皆が小綺麗な作品を作れるようになったが、逆に試行錯誤や必然性というのが見えにくくなっているという共通の認識のもと、山村浩二は「アイディア」、細田守は「物語(及び演出)」、寺田は「既存の名作のトレースから逃れること」という形で、それぞれ「見えないもの」「見えるようにする以前のもの」の重要性を説いていました。フィルム撮影とデジタル撮影との違いにその原因の一つは求めることができ、フィルムであれば現像までは自分の想像のなかで出来上がりを確かめるしかなく、それゆえに「神が宿ったり」「熟成されたり」「新たなアイディアが生まれたり」する、といった話も。
 映像を脳内・体内に蓄えることの重要性があるということです。デジタル制作だとプレビューすることができるのだが、それゆえに「完成に向かうことしかできない」(細田)というコメントが印象的でした。デジタルはフィルムと違って照明に気を遣わずともとりあえず撮れてしまう。頭の中のイメージが熟成される間もなく、そのまま排出できてしまう。それは必ずしもよいことではない。葛藤がない。
 シンポジウムでも上映された、寺田弘典が企画する「REMtv」は、内的なイメージをかたちにするための良いレッスンとして働いている印象でした。「自分にないテーマを探すのではなく、自分の中に潜むきちがいじみたイメージを探す作業」(寺田)。夢の内容は言葉で話すと面白さが伝わらない。しかし、見た本人は面白く感じている。それをかたちにするのにアニメーションは有効。どこが面白いと感じたか、それを選択する才能。
 続いて上映された山村浩二の最新作『カフカ 田舎医者』の予告編は、全体が「REMtv」な感じかもと山村浩二本人が言っていました。アニメーションと夢の近親性。山村浩二は内的なヴィジョンをアニメーションは共有させると常々言っていますね。細田守が「アニメーションは他のメディアに比べて"自分"が一番出る」と言っていたのも、同じようなことなのでしょう。みなが同じことを語っているのならば、つまり、耳を傾ける必要があるということでしょう。(土居伸彰>4
 

関連サイト
ICAF公式ホームページ
ICAF2007  < 1 2 3 4 >