ゴール・コヴァリョフであること
 クリス・ロビンソン(訳・土居伸彰
Chris Robinson, “Being Igor Kovalyov"(2000) from Unsung Heroes of Animation(2006)
< 1 2 3 4 >

 現在、コヴァリョフは次の作品である『ミルク』(2005)の完成間近である。少年、父親、母親、祖父母という、三世代の家族についての物語だ。「彼らは同じ家に住んでいるが、彼らの関係性を理解する必要はない。」
 コヴァリョフはファウスト期に大成功を収めているが、それでもまだ自分は最良の作品をつくれていないと感じている。そんな作品はハリウッドではつくれないだろうという人もいるが、彼自身はつくれると思っている。コヴァリョフはハリウッドでの生活を本当に楽しんでいるし、自分がスポイルされていることも認めている。だが、[新作の]筋書きを見てみれば、彼には楽しむ権利があることがわかる。セルアウトしただとかインディペンデント精神を裏切っているだとか言うこともできるだろうが、それはナンセンスだ。ロシアでは、コヴァリョフは笑える作品をつくれというタタルスキーの要望に耐えなければならない。ハリウッドでもやはりそれと同じことをしなければならないが、パイロット・スタジオ(特に現在のモスクワの状況下で)とは違って、自分自身の作品をつくる機会は与えられているのだ。ロシアはこの種の安全を保証してくれなかった。

 俺は自分がしないといったすべてのことをしている。俺は自分が軽蔑していたものすべてを抱きしめている。うぬぼれてひねくれた心は自分に嘘をつく。家庭生活が俺の肉体に楔を打ち込む。ロマンスはもはや空っぽだ。懸命の嘘はいまや砕けてしまった。俺は何を望んでいるのだ?何もない。芸術とか純粋さなんてもう去っちまった。全部腐っちまった。行ってしまった。消されちまった。色褪せちまった。抑えつけられ、窒息させられちまった。目はもう死んでいる。でも俺はなんとかよろけつづけている。

Chris Robinson, “Being Igor Kovalyov”(2000)
from Unsung Heroes of Animation(2006)
この本の情報はこちら。
訳・土居伸彰








イゴール・コヴァリョフの版画「The Conversation」「The Chauffeur 」(山村浩二所蔵)



イゴール・コヴァリョフ(イーゴリ・コワーリョフ)Igor Kovalyov

1954年、ウクライナのキエフ生まれ。ウクライナのアニメーション・スタジオに勤務したのち、モスクワへと移り、1988年にソ連初の非国営のアニメーション・スタジオであるパイロット(ピロット)・スタジオをアレクサンドル・タタルスキーと共に設立。初の単独での監督作品"Hen, His Wife"(1990)は、四大アニメーション・フェスティバルのひとつであるオタワ国際アニメーション・フェスティバルでグランプリを受賞。その後、『アンドレイ・スヴィスローツキー』(1991)を完成させたのち、1991年からアメリカに移住し、今日に至るまでクラスキー・クスポ・スタジオの専任作家となっている。『ぎゃあ!!!リアル・モンスターズ』(1994)や『ラグラッツ・ムービー』(1998)などのカートゥーン作品の制作を手がけつつ、個人制作の機会を与えられている。1996年には初期三部作の最終作"Bird in the Window"(1996)を完成し、またもやオタワのグランプリを獲得。2000年の"Flying Nansen"を経て、2005年の"Milch"は、オタワや広島国際アニメーション・フェスティバルをはじめとして、7つの映画祭でグランプリを受賞。現在の短編アニメーション界における最重要作家の一人である。

イゴール・コヴァリョフ(イーゴリ・コワーリョフ)の主な作品
1989 
Его жена курица(Hen, His Wife)
1991
Андрей Свислоцкий(『アンドレイ・スヴィスローツキー』Andrei Svislotsky)
1994 Aaahh!! Real Monsters(『ぎゃあ!!!リアル・モンスターズ』、テレビ・シリーズ)
1996 Bird in the Window
1998 The Rugrats(『ラグラッツ・ムービー』)
2000 Flying Nansen(『フライング・ナンセン』)
2002 The Way the Dead Love(インターネット・シリーズ)
   http://www.globaltantrum.com/bukowski.html
2005 Milch

>公式サイト


『アンドレイ・スヴィスローツキー』は「パイロット・スタジオ アニメセレクション」(IVC)に収録。DVD情報はこちら。
"Hen, His Wife", 『アンドレイ・スヴィスローツキー』、"Bird in the Window"、"Flying Nansen"はクラスキー・クスポのサイトで視聴可能。
 http://www.globaltantrum.com/igor_mov1.html
"Milch"はawn.comで通販が可能。DVD情報はこちら。
『ラグラッツ・ムービー』はDVDでリリースされている。DVD情報はこちら。

イゴール・コヴァリョフであること < 1 2 3 4 >